• ご利用者さまへ
  • 診療科のご案内
  • オサカ病院のご紹介

麻酔科

当院麻酔科では、年間300例以上の術中麻酔管理を行っています。
麻酔の方法は、手術される部位・手術法・手術に見込まれる時間等により異なりますが、患者様と十分相談した上で、全身麻酔のほか、下半身麻酔(脊椎麻酔クモ膜下麻酔)、硬膜外麻酔、伝達麻酔(神経ブロックによる麻酔)、局所麻酔など最も適した麻酔方法を選択しています。また、このうち日帰り麻酔(一泊入院を含みます)による整形外科手術(手指の骨折や腱の手術、関節鏡など)も行っております。
それぞれの麻酔法に関する詳しい説明は、麻酔説明書をお読みください。最近ではこれらの麻酔法を組み合わせて実施することもあります。

(当院では香川大学麻酔科医師とも連携を取り、安全性を確保すると共にできるだけ速やかな手術の実施を促しています。)

麻酔科の担当医師紹介

森川 穎ニ [もりかわ えいじ]

名誉院長
  • 一般外科・整形外科・内科・麻酔科
  • 麻酔科標榜医
  • 日本外科学会
    日本小児外科学会
    日本胸部外科学

このページの先頭へ