• ご利用者さまへ
  • 診療科のご案内
  • オサカ病院のご紹介

内科

内科

内科は軽い風邪から肺炎のような入院の必要な感染症や、糖尿病、高血圧のような生活習慣に根差した病気(生活習慣病)、癌のような悪性疾患でも手術の必要のない状態の方に対する治療を行うなど多岐にわたる病気に対応する科です。

オサカ病院の内科はすべての内科系の病気の窓口として対応しております。急な病気や体調の変化、普段から気になることがあれば気軽に受診してください。超音波、内視鏡、胃カメラによる検査を行っています。(予約制)
疾患や病気の状態によっては当院だけでは対応できないこともありますが、高次医療機関(香川大学、香川県立中央病院、高松赤十字病院など)、専門医への紹介も随時しております。

現在、オサカ病院は高松市南部地域(旧香川郡)で唯一の入院の受け入れのできる病院です。南部地域の方を中心に入院対応をしております。入院の必要な方は外来受診の際にご相談ください。

消化器科

消化器科は、食道、胃、小腸、大腸等の消化管と肝臓、胆嚢、胆管、膵臓の病気を専門に扱う診療科です。当院消化器内科では、内視鏡検査室において、スクリーニング検査(検診を含む)、生検、等を行っています。また、胃・十二指腸潰瘍・胃癌の原因となると言われているヘリコバクター・ピロリ検査も行っております。腹部エコー検査も行っております。 平成28年度の検査数は、上部内視鏡検査が72件、下部内視鏡検査が23件、腹部エコーが65件となっております。

ストレスの多い現代社会は、気づかない間に胃や腸に負担がかかっています。お腹のはり、胸やけ、胃もたれ、食欲不振、吐き気、体重減少、腹痛、便秘、血便、下痢などでお困りの方、検診で肝機能異常や胃検診で異常を指摘された方、消化器症状は身体の発するシグナルです。消化器に何らかの不安のある方は、お気軽にご相談ください。

循環器科

高血圧症、心臓病(虚血性心疾患、不整脈、心不全)などを中心に診察しています。三大病の一つである高血圧症は、血圧をいかにコントロールするかが大切です。近年は、高血圧症に伴う狭心症、心筋梗塞の頻度も増加しています。突然死をきたす代表的な病気でもあり注意が必要です。胸部不快感、特に圧迫感などをお持ちの方は早めに受診されることをお勧めします。(予約制)

このページの先頭へ