• ご利用者さまへ
  • 診療科のご案内
  • オサカ病院のご紹介

手術内容のご紹介

当院でよく行われている手術

大腿骨頸部骨折について

大腿骨頸部骨折は、大きく分けると内側骨折(関節内骨折)と外側骨折(関節外骨折)に分けられます。さらに細かく分けると左の図のように1~5に分類できます。

高齢になると骨粗しょう症のため骨が脆くなり足腰が弱くなって転倒しやすくなります。そのため尻餅などの軽微な外傷でも股関節(脚の付け根)を骨折することが多く見られます。
高齢化社会になり全国で毎年10万人以上の方が大腿骨頸部骨折を受傷していると言われています。股関節の部分の骨折であり痛みで歩行はおろか起き上がることも困難になり 骨折を放置すれば全身状態が悪化し、誤嚥性肺炎や褥瘡(床ずれ)認知症の発症や悪化などの合併症を引き起こす可能性が高いので、命に関わることもあります。

できるだけ早期に痛みをとってあげて座位をとるなど起き上がれるようにしてあげなければならないので、治療法は多くの場合下記に示すような手術療法が選択されます。
日本整形外科学会が行っている全国調査では、現在は手術を行った例が約 95% を占めています。


に対しては関節内骨折ですので骨がつきにくい、また骨がついても骨頭壊死のリスクがあるという特徴を持っています。骨頭を栄養する血管が骨折部でちぎれているため、血行障害を起こしやすいからです。このため骨折部のズレ(転位)が大きい場合には人工骨頭で置換するという手術を施行します。ズレ(転位)が少ない場合には、キャニュレィテッドキャンセラスヒップスクリュー(CCHS)を利用して骨折部を固定するという手術が選択されます。


に対しては関節外骨折であり骨がつきやすいという特徴があるため、γ-nail(ガンマーネイル)を中心とした髄内釘やプレート&スクリューやを利用して骨折部を固定するという手術が行われます。
手術によってできるだけ早期に痛みをとり、まず座位をとれるようにすることにより誤嚥性肺炎や褥瘡(床ずれ)を予防しできるだけ短期間での離床(座る→立つ→歩く)が可能となり、リハビリテーションを積極的に進めていくことが可能となります。

患者様のほとんどが高齢者であり合併症やリスクも否定できませんが、命にかかわる骨折であると考えていただき、できるだけ早期に手術することをお勧めしています。

当院で行われている手術のレントゲン写真

膝単顆人工関節置換術(UKA)
大腿骨頚部骨折(転子間骨折)に対するγ-nail(ガンマーネイル) を使用した観血的整復固定術

高位脛骨骨切り術(HTO)
大腿骨頚部骨折(転子下骨折)に対する随内釘を使用した観血的整復固定術

全人工関節置換術(TKA)
大腿骨頚部骨折(転子下骨折)に対する随内釘を使用した観血的整復固定術

全人工関節置換術(TKA)
大腿骨頸部内側(関節内骨折)に対する観血的整復固定術
(CCHSキャニュレイティッドキャンセラスヒップスクリュー)

観血的整復固定術(γガンマ-nail)
大腿骨頸部内側(関節内骨折)に対する大腿骨人工骨頭置換術(UHA)

観血的整復固定術(γガンマ-nail)
足関節骨折に対するスクリュー、プレートを使用した観血的整復固定術

観血的整復固定術(γガンマ-nail)
手関節骨折に対するプレートを観血的整復固定術

観血的整復固定術(γガンマ-nail)
膝単顆人工関節置換術(UKA)

観血的整復固定術(γガンマ-nail)
高位脛骨骨切り術(HTO)

観血的整復固定術(γガンマ-nail)
全人工関節置換術(TKA)

人工関節の種類

観血的整復固定術(γガンマ-nail)
UKA人工関節本体

観血的整復固定術(γガンマ-nail)
TKA人工関節本体

このページの先頭へ